第18回IGCJ会合登壇者決定のご案内

2017-03-15

「フェイクニュース」について取り上げる第18回IGCJ会合の登壇者が決定しましたので、ご案内申し上げます。

本会合では、昨今話題のフェイクニュースついて、 朝日新聞社 平和博氏、 法政大学社会学部メディア社会学科准教授 藤代裕之氏をお招きし、 メディアと学術、 それぞれ異なる視点から見たフェイクニュースの現状や問題点についてお話をいただきます。 その後、参加者も交え、 インターネットガバナンスの観点も踏まえて議論を行います。

なお、藤代氏の発表については会場のみの公開となります。 ご興味のある方は、 ぜひ会場にご来場くださいようお願い申し上げます。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

開催日時 2017年3月23日(木) 18:00~20:00
会場 JPNIC会議室
https://www.nic.ad.jp/ja/profile/map.html アイコン:外部リンク
参加費 無料
定員 40名(会場の都合上、 定員となり次第締め切らせていただく場合もございますのでご了承ください。)
プログラム
フェイクニュースとインターネットガバナンスについて
朝日新聞社 平 和博氏
法政大学社会学部メディア社会学科准教授 藤代 裕之氏
(藤代氏の発表は会場のみの公開となります)
申込方法 2017年3月22日(水)17時までに、 以下のWebページからお申し込みください。
 https://jpnic.smartseminar.jp/public/seminar/view/30 アイコン:外部リンク
遠隔参加ご希望の方は、 申込Webページより遠隔参加をお選びください。 参加方法は申し込みされた方に追ってお送りします。
お問い合わせ先 IGCJ事務局 <sec@igcj.jp>

以上


Facebook